マインドウェアの多言語翻訳を利用するメリットとは?

マインドウェアの翻訳は、高品質でリーズナブル価格が特長ですが、それだけではありません。
40ヶ国語以上対応、製品やサービスに相応しい翻訳、印刷やデータ構築まで一括請け負い、翻訳元となる原稿の制作も可能、伝わりやすさのためのレイアウト改善やイラスト作成など、ご担当者様の手間を最低限に抑える体制が、しっかり揃っています。

バラエティ豊かな翻訳実績

マインドウェアには取扱説明書の制作部門があるため、取説特有のルールやテクニカルな文書への対応力にはアドバンテージがありますが、だからと言って“それだけ”ではありません。幅広い他言語翻訳実績のほんの一部をご紹介します。

  1. 腕時計の新製品に関するニュースリリース(英語)
  2. 会社案内のナレーション原稿(英語)
  3. ホテルの客室案内パンフレット(英語、韓国語、簡体字中国語)
  4. ご当地レストランガイド(英語)
  5. ホテル内専用の施設利用アプリ(英語、独語、仏語、亜語、簡体字中国語、繁体字中国語、韓国語)
  6. 地域の情報誌(英語、簡体字中国語)
  7. 旅館の宿泊約款(日本語⇒韓国語、簡体字中国語)
  8. 留学生向け賃貸物件チラシ(日本語⇒英語)
  9. B to B製品プレゼン資料(日本語⇒簡体字中国語)
  10. ダイビング用品の取扱説明書(日本語⇒英語)
  11. 部品メーカーの取扱説明書(英語⇒タガログ語)
  12. の契約書(日本語⇒ロシア語)
  13. 洗濯乾燥機の取扱説明書(日本語⇒)
  14. プラントエンジニアリング機器の取扱説明書&契約書(日本語⇒ブラジルポルトガル語)
  15. ワイヤレススピーカー&リモコンの取扱説明書(英語⇒アラビア語)
  16. 血圧計の取扱説明書(英語⇒アラビア語)

適切な翻訳が大事なワケ

言葉にとって、“適切であること”は非常に大切です。

誤字脱字が多いとその文章の信ぴょう性まで疑われて、読み進めてもらえなくなることがありますが、言葉遣い、表記、表現が不適切な場合も、同様です。

だいぶ前のことですが、取引先の方々をお招きした会食の席でハワイ出身の女性にデザートを勧めたら、「ワタシ、ハラ、イッパイデース!」と言われました。この時は、彼女のチャーミングな笑顔で場がなごみましたが、もしも精密機器のカタログがこの調子だったら、「この会社の製品を買うのはやめておこう…」と思われてしまうのは必至です。そして、逆もまた然り。家電の取扱説明書に難解な言葉が並んでいたら、ユーザビリティどころではありません。

つまり、取扱説明書やカタログは、内容が正しければ良いのではなく、適切で丁度よい言葉選びが大切です。そして、それを間違いなく実現できるかどうかのバロメーターは、制作実績の「幅」と「量」です。

制作の流れ

  • ご要望の確認
  • ①ご要望の確認

    まずはじめに、ご予算とスケジュールに関するご希望をうかがいます。媒体・納品形態についてのご相談も承ります。

    • 対応言語:
      英語(米国/英国/オーストラリア)、イタリア語、ウクライナ語、エストニア語、オランダ語、カザフスタン語、カタロニア語、ギリシャ語、クロアチア語、スウェーデン語、スペイン語(欧州/メキシコ/アルゼンチン)、スロバキア語、スロベニア語、セルビア語、チェコ語、デンマーク語、ドイツ語、トルコ語、ノルウェー語、ハンガリー語、フィンランド語、フランス語(欧州/カナダ)、ブルガリア語、ヘブライ語、ポーランド語、ポルトガル語(欧州/ブラジル)、マケドニア語、ラトビア語、ルーマニア語、ロシア語、アラビア語、インドネシア語、韓国語、タイ語、タガログ語、タミル語、中国語(簡体/繁体)、テルグ語、ヒンディー語、ベトナム語、ペルシャ語、ベンガル語、マルタ語、マレーシア語、マラティー語、リトアニア語、アイルランド語

    より良い翻訳のための基礎知識として、お客様の製品やサービスの特長などを取材させていただく場合もあります。

  • スケジュール作成
  • ②スケジュール作成

    経験豊富な翻訳コーディネーターが、お客様の製品やサービスに合った翻訳者を選定し、ご予算やスケジュールに応じて、作業方法や手順を調整します。

    • 誤訳防止や媒体・納品形態の制限に対応するために、翻訳元とする原稿のリライトをご提案させていただく場合もあります。
    • 多言語を併記する制作物では、見やすさやトータルコストを抑えるためのレイアウトやイラストをご提案させていただくことも可能です。
  • 制作
  • ③制作

    「伝える」にこだわって、各部門が連携して制作を進めます。

    • 翻訳

      一般用語、専門用語、固有名詞の区別を明確にしながら翻訳することによって、誤訳を防止します。
      多言語翻訳の場合には、中継言語となる英訳を“適切に”調整することによって、より高品質な多言語版を実現します。

    • レイアウト

      言語によるボリュームの違いを可能な限り吸収しながら、読みやすさと分かりやすさを確保します。

    • データ構築

      文字化けや文字欠けのない正しい表示を実現します。

    • 校正・校閲

      熟練した専属スタッフがプロの目で誤字・脱字・用語のゆれなどを精査します。最新の校正支援ツールを使ってクロスチェックも行います。電子コンテンツについては、動作確認も実施します。

  • お客様によるご確認
  • ④お客様によるご確認

    お客様ご自身の厳しい目でチェックをお願いいたします。仕様変更にも柔軟に対応いたします。

  • 納品
  • ⑤納品

    ご希望の納品形態(PDF、印刷物、Web への公開、DVD-ROM など)に対応いたします。海外への納品も可能です。

お問い合わせCONTACT

あらゆるご要望にお応えします。ご相談やお見積りは無料。お気軽にお問い合わせください。

ページTOP